ホーム > 学校案内 > 申し込み規約事項

申し込み規約事項

1.下記に該当する方は入校できない場合があります

  • 法律で定められた年齢に達していないため、取得しようとする免許の受験資格がない方。
  • 法律で定められた視力に満たない方、色盲の方、聴力、運動能力などに障害があり運転に支障のある方。
  • 次のa~eに該当する方
    • 病気その他の原因で意識を失ったことがある方、又これにより治療を受けている方。
    • 病気その他の原因で発作的に身体にけいれん又は麻痺を起こしたことがある方、又これにより治療を受けている方。
    • 十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、日中、活動している最中に眠り込んでしまうことがある方、又これにより治療を受けている方。
    • 医師の治療を受け、運転免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けている方。
    • その他、病気により運転免許の取得に不安のある方
    (上記に該当する方は、住所地の運転免許センターで適性相談を受けていただく必要があります。)
  • 過去3年以内の交通違反の前歴があるため、免許を受けられない方。
  • 集合時間に遅れた方。(当日より教習スケジュールが組まれています。)
  • 日本語の読解が出来ない方。(当日簡単な漢字テストがあります。)
  • 必要な書類や現有免許証が不備のため入校手続きに支障のある方。
  • 過去に免許の取消、失効がある方。
  • 無免許運転の経験がある方。
  • 長野県内にお住まいの方、及び住民票、実家のある方は地域によりお申込み頂けません。

2.お申し込み

入校申込書に必要事項を記入し、免許証のある方は免許証のコピー、無い方は本籍記載の住民票1通(外国籍の方は、外国人登録原票記載事項証明書1通)を添えて、お申し込みいただきます。

3.入校契約の成立時期

入校契約は、当校が教習料金全額を受領した時に成立するものとします。

4.合宿免許料金のお支払い

合宿免許料金は、原則として申込後7日以内に銀行振り込みにてお支払いいただきます。

5.合宿教習料金

合宿における各宿泊施設プラン及び入校日により異なり料金詳細ページの通りです。

6.契約の解除及び払い戻し

(1)入校前のお客様の解除権

お客様は、次に定めるキャンセル料をお支払いいただくことにより、契約を解除することができます。

  • 契約の成立~入校日当日から起算して7日前…… 契約金額の5%
  • 入校日当日から起算して6日前~4日前……契約金額の10%
  • 入校日当日から起算して3日前~1日前…… 契約金額の20%
  • 入校日当日…… 契約金額の30%
  • 入校日当日から起算して3日前~1日前の入校日変更…… 事務手数料として20,000円(税込)

(2)払い戻し方法

当校は、上記事項により契約が解除された時は、すでに収受している合宿免許料金から所定のキャンセル料を差し引き払い戻しいたします。

(3)入校後の途中解約の場合における料金の払い戻しに関する事項

途中解約される場合は、当日までの必要経費の実費を差し引いた額をご返金いたします。

必要経費=当校の通学制の料金体系での『申込金・学科教習費・技能教習費・検定費・教材費・宿泊費(食費含む)・その他諸経費』になります。
なお、この場合交通費は全額自己負担となります。

(4)当校の解除権

天災地変、官公庁の命令、その他当校の責めに帰することのできない事由により安全かつ円滑な教習が実施不能となり、又、不可能となるおそれが極めて大きい時は、入校契約を解除することがあります。この場合、キャンセル料はいただきません。

(5)配車予約を当日無断でキャンセルした場合は、キャンセル料として1時間当り相当額の教習料金をお支払いいただきます。

7.お客様の義務

お客様は入校後、学校寮規則、教習諸規則及び指導員の指導に従っていただきます。

8.当校の免責事項

お客様が次に例事するような事由により損害を被られた場合においては、当校は責任を負いません。

  • 天災事変、官公庁の命令、その他当校の管理できない事由により生じる教習の変更もしくは、教習の中止。
  • 当校の管理による校内教習並びに路上教習において、お客様の不注意により発生した事故又は、相手方の不注意により発生した事故にかかる損害。
  • 自由行動中の事故。
  • 盗難。

9.お客様の責任

お客様の故意、過失、法令、公序良俗に反する行為、もしくはお客様が本規約、第7項の規則に違反した場合、退寮または退校処分となります。この場合料金は一切返金いたしません。又、損害賠償を請求させていただく場合があります。

10.最短日数

免許の種類により卒業までの最短日数(規定日数)を定めておりますが、お客様の進行状況や、台風・積雪・天災等の理由によっても異なってまいります。最短日数はあくまでも参考までとしてください。

教習・修了検定が順調にいかない場合、修了検定(仮免許試験)が土・日・祝日にかかる場合があります。その際は、警察署からの仮免許発行ができないため、教習ができません。

11.教習中の一時帰宅

お客様の都合による一時帰宅はできません。


取得可能免許一覧

教育訓練給付金制度について