用語集

AT車(オートマ)(おーとましゃ)

オートマチックトランスミッション(自動変速装置)を採用している車の略。

マニュアルミッション車と比べギアを変える操作を自動で車が行ってくれるので、運転操作が簡単です。

ほとんどのAT車がクリープ現象(ブレーキを踏んでいないと車が進んでしまう現象)があります。

以前は普通車でしか見られませんでしたが、今では大型バスでも新型車はAT車のみしか製造しなくなるなど、圧倒的に普及しました。

自動車学校でも昔は『男ならマニュアル!』という教習生を見かけましたが、今では男女問わずAT車を選択する方が増えています。

 

AT車の特徴としてクラッチペダルが無いので、アクセルとブレーキの操作のみで車を動かすことになりますが、それによりアクセルとブレーキの踏み間違いという事故も起きています。

したがって、少しでも危険を感じた場合はすぐにブレーキペダルに足を構えてブレーキを踏む準備をすることが大切です。