用語集

エンジンブレーキ(えんじんぶれーき)

走行中にアクセルを緩めるとエンジンの回転数が下がることによっておこる減速する力。ギアを変えることでエンジンブレーキの強さも変わります。ローギヤ(1速)が一番強く、ギアが上がるにつれ弱くなっていきます。

長い下り坂などではこのエンジンブレーキの特性を利用して走行することでフットブレーキ(足で踏むブレーキ)の負担を軽くすることが出来ます。

 

ただアクセルを緩めるだけでエンジンブレーキが効き始めますが、クラッチを踏んでしまうとエンジンブレーキは効かなくなるので注意が必要です。

また、エンジンブレーキだけではブレーキランプは点灯しないため、一気に低いギアに減速チェンジをして強い減速力を発生させる場合は後続の車にとって減速していることがわかりづらいので注意が必要です。

 

一般的にMT車に比べAT車のエンジンブレーキは弱いため、AT車でも多くの車がギアの変速を自分で出来るようにしてあり(マニュアルモード等)エンジンブレーキを効果的に使用することが出来ます。