用語集

非常点滅表示灯(ハザードランプ)(ひじょうてんめつとう)

左右の方向指示器(ウィンカー)が同時に点滅する灯火のこと。運転席周辺にある赤い△マークのボタンを押すと点灯する。車の故障などで道路の左端に寄せて止めるときなどに使用します。

その他の使い方に、道などを譲って頂いた際のマナーとして後続車に対してのお礼やお詫びの意思表示として使われることもあります。