用語集

道路標識(どうろひょうしき)

道路を利用する人に、道路の規制や警告、道の案内などの情報を示した表示板のこと。

標識は道路交通法の長い文章を、運転しながらすぐに認知しやすいイラストや記号、マークに置き換えたものであり、言わば法律が道路に立っていると考えることも出来ます。

標識には本標識と補助標識の2種類があります。さらに本標識には規制標識・指示標識・警戒標識・案内標識の4種類があります。

補助標識は通常、本標識とセットで設置されており、本標識の意味の補足をしています。

本標識の規制標識と指示標識は主に都道府県の公安委員会が設置しており、警戒標識や案内標識は道路の管理者(国土交通省又は各自治体)が設置をしています。