用語集

技能教習(ぎのうきょうしゅう)

実際に自動車に乗車して行う実践形式の教習です。基本的にマンツーマンで行います。(一部に他の教習生を同乗させて行う技能教習もあります)

1段階は自動車学校構内の場内コースを使用して基本的な操作・走行を習得します。2段階は路上(一般の道路)にでて応用的な操作・運転を習得します。(模擬運転装置やドライビングシミュレーターを使用する技能教習もあります)

技能教習は学科教習と違い、各教習生の習熟度に応じて進められるため、規定の時間で一定の技量に達していない場合は教習時間が延長することもあります。この場合、一般的に追加の教習料金が発生しますが、駒ヶ根自動車学校の合宿免許の場合はパック料金のため追加の費用が掛からないので安心です。(ただし日程は延長されます。)

例)普通車(一種)の免許を取得する場合の最短技能教習時間は以下の通り。

・普通車AT・・・【1段階】12時限【2段階】19時限の合計31時限(1時限は50分)

・普通車MT・・・【1段階】15時限【2段階】19時限の合計34.時限

※いずれの場合も二輪免許を所持している方は1段階の教習時限が2時限少なくなります。