用語集

方向指示器(ほうこうしじき)

周囲の車に右や左に曲がる又は進路変更、転回、横断等をすることを伝えるための灯火。ウィンカーや単に合図とも呼ばれる。

点灯する時期は、右左折・転回の場合はその交差点などの30m手前から、進路変更の場合は進路を変える3秒前となっています。

法律で方向指示器の灯火の色は、橙色と決められています。

保安部品の一つで、取り付け位置・点滅する速さ・色などが法律によって取り決められていますので、色を換えたりしても違法改造になります。